終活

終活はいつ始める?

終活
Young handsome man over isolated background with hand on chin thinking about question, pensive expression. Smiling with thoughtful face. Doubt concept.

加速する少子高齢化

日本では少子高齢化が急速に進んでいます。令和5年現在、高齢化率は29.0%に達し、2070年には2.6人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上になると予測されています。(内閣府:令和5年版高齢社会白書より)
このような深刻な社会変化に伴い、老後の人生設計の見直しがますます重要な課題となっています。

核家族化と1人暮らしの増加

さらに、核家族化の進行や1人暮らし世帯の増加も、老後のサポート体制に大きな影響を与えています。かつては多世代家庭が一般的で、家族が自然に支え合う体制が整っていましたが、現代ではその構造が大きく変化しています。そのため、自立した老後生活を送るためには、早めの準備がますます必要とされています。

自立した老後生活の難しさ

老後や終末期において自分のことをすべて一人で管理するのは難しい現実に直面します。核家族化や1人暮らし世帯増加で、健康維持や生活サポートに関しては、早めの準備が必要となります。特に、健康状態が急変することもあるため、日頃からの備えが重要です。

離れて住むご家族がサポートできるのか話しておくことも大切です。また民間の事業者でも、入院や万が一の時身の回りのサポートをしてくれるサービスもあります。

終活の開始時期

多くの人は、60代から70代にかけて終活を始める方が多いようです。定年退職後の時間的余裕や、高齢に伴う身体の変化、そして人生の残り時間をどう生きるかという問いに向き合うことが、終活を始めるきっかけとなっています。

タイミングは人それぞれ

終活に最適なタイミングは人それぞれですが、「自分が思い立った時」「定年を迎えた時」「環境や体調に変化が起きた時」が一般的なタイミングです。
例えば、私は「環境や体調の変化」をきっかけに、40代で終活を始めました。プロフィールをぜひご覧ください。

早期の終活開始のメリット

終活は、やるべきことが予想以上に多いので、気力や体力があるうちに始めたほうが、心に余裕を持ってじっくりと自分の望む人生設計を行うことができます。自分も家族も満足度が高くなり、早く始めることのデメリットは一つもありません。

思い立ったが吉日

終活は自分自身のためだけでなく、家族への思いやりから始めることも大切です。親は子のために、子は親のために、お互いを思いやる心が重要です。そのため、定年後に限らず、思い立った時が始め時です。

早いほどメリットは大きい

終活は単に物品の整理や遺言の作成だけではありません。生きがいを見つけ、これからの人生をさらに充実させるきっかけとなるポジティブな活動です。残りの人生を活き活きと生きるためには、健康に気を付けて、生活の質を高め、健康寿命をできるだけ延ばしたいものです。そのためにも、終活開始が早ければ早いほど、自分を見つめ直すいい機会となり、もっと充実した人生を送れる可能性が高くなります。最近は30代で終活を始める方も増えています。

タイトルとURLをコピーしました